ICAで泣かされた話
2013-08-26 Mon 15:04
私、シンガポールで双子を出産して、実母に思いっきり甘えました。

シンガポールに来てもらって2ヶ月間、おんぶに抱っこ。


しかし、物事はそんなに簡単に進まない。。


シンガポールのSocial Visit Passは30日間。
その後オンラインでICAに申請すれば、1ヶ月の滞在延長許可が問題なくおりるはず、、でした。


それがまさか、却下されるなんてーーー!!!


ええ、却下されました。
ネットで審査結果を見た時のあの落胆といったら。

いろいろ調べてみたら、却下なんてほとんどないみたい・・。

却下の理由は教えてくれないので、全くわからず。
別に怪しい者じゃないのにって言っても始まらないんだけど。

でも心当たりがひとつだけあるとしたら、出産前に私が自宅安静になった時にも母に来てもらって、3週間ほど滞在したこと。。
だから何って話だけど、
「あんた最近長期滞在したでしょ、またなの?却下却下!」
っていうことも無いとも言い切れない?

そうじゃなかったらあの却下はアットランダムに抽出してるでしょ?!としか思えない。


却下されてどうしたかというと、もう滞在期限まで2日しかなかったので、軽くパニック状態。
ちょうどダンナも1週間の出張中で不在。


とりあえず、、
ドクターに一筆書いてもらったらどうにかなるかもしれない、という話を小耳に挟んだことがあったので、双子を取り上げてもらったドクターに事情を話して、
『この人は双子を出産し、しかも初産でヘルプが必要です、母親の滞在延長を許可してください』
っていう内容のレターを急遽書いてもらいました。

それを持ってICAに直行。


が、、受付のカウンターで門前払いを食らいました。。。


なにやら、滞在延長を申請する場合は、シンガポール人のスポンサーが必要だとかなんだとか。
その申請のための正式なフォーマット(ICAのサイトからダウンロードできる)があって、それにきちんと記入して持って行かなきゃ話にならないようなのです。
めんどくさ・・。
(まぁ確かにそういう感じのことがICAのサイトには書かれていました。私は見ないフリをして突破しようとしました(爆))

双子を抱え、「ほら、大変なのよ、だからお願い」って懇願しても、ダメなもんはダメ!というシンガポールらしい応対。

でもね、オンライン上で、ほとんどの人は理由も無く許可されるはずの滞在延長申請、直談判だとなんでそんなに面倒なことになっちゃうのよ〜?
本当に訳わかんないよー。


がっくりと肩を落として帰宅した母+私(+双子)。

仕方なく、その翌日、滞在期限当日、母には申し訳ないけど、日帰りでKLに飛んでもらいました(TωT)
空港とんぼ返り弾丸日帰り海外旅行・・。

本当おかあさん、ごめんなさい。

しかもこんな時に限って、母は携帯を家に忘れて出かけて行っちゃった。
朝、家を出てから夕方帰ってくるまで、連絡つかなくて私はオロオロ。
不安でたまらない1日を過ごしました。

携帯アプリで帰りの便がチャンギに到着したことはわかったんだけど、そろそろかな〜と思う時間になっても母が帰ってこない。

何かあったのかな。。
イミグレで引っかかったとか?
(でも日本行きのチケットもちゃっと持っていったし・・)
帰りの便に乗れなかったとか?


さんざん心配したけれど、とうとう無事に帰ってきました。
どうやらイミグレが激込みで時間がかかってたようです。
チャンギにしては珍しく。

帰ってきた母、「ハエを手で払いながらお昼食べたのよ〜」って笑いながら話してくれた。
さすが、LCC・・。
でも食後にアイスコーヒーとソフトクリームまで召し上がったそうです。
さすが、母・・。
たくましい・・。
こんな母でよかったと思った1日でした。


いやホント、シンガポールって何が起こるかわからないわ。


↓もうちょっと大人になってくれないとね☆
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

*にほんブログ村・シンガポール情報へ*
*にほんブログ村・ジャックラッセルテリアへ*
スポンサーサイト
別窓 | 出産 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top under∨
シンガポール出産記録(MEH)〜お土産編〜
2013-08-15 Thu 15:01
今さらだけど、マウントエリザベス病院での出産記録(^_^;)

ふと思い出したことがあって。。


お土産・・。(っていうのか?)

退院する時、なぜかいっぱいお土産がありました。


青い箱に入った、いろいろなもの。
・おむつ
・おしりふき
・親子Tシャツ(大人用が特大?!っていうサイズ。欧米人でも着られるように作ってるのか?でもこんな特大じゃ出番なさそう・・)
・授乳服(真っ赤なワンピース。なぜ赤?ってすごい疑問なんだけど、授乳服なんてわざわざ買わなかったので、これは役に立ってます。もちろん部屋着限定。)
・おくるみ?タオル?(よくある角がフードになってるもの。マウントエリザベスの文字入り。これもお風呂上がりにテーブルの上に敷いて服を着せるのに使っている。)
・短肌着(マウントエリザベスの文字入り。)


というか、そもそもこの青い箱、持って帰るにしても大荷物になりすぎる。
最初は置いて帰ろうかと思ったんだけど、母が持って帰ってくれるというので、箱をつぶして持って帰ってもらいました。
そして今、使用済みオムツ入れとして大活躍中(^_^;)


その他、地味色のマザーズバッグ。(マウントエリザベスの名前入り。)
い、い、いらない・・
が、大量のお土産を持って帰るのに適当なツールがなく、いらないと思いつつも開封してこのバッグで持って帰りました。


我が家は双子なので、それぞれ×2あるのですよ!
授乳服も同じの2着・・。
マザーズバッグも同じの2個・・。(どなたか欲しい方いたら差し上げますよ〜w)


あと、どういうわけか、お祝いの品と称して、大きいバスケットに入ったグッズをいただきました。
これってみんなもらってるのかなぁ?
同じの2つずつ入ってて、双子セットみたいになってました。

なかみは、
・かわいくないぬいぐるみ(日本人的な美的感覚ではどうしてもかわいくない)
↓ほら、わざわざ写真撮って載せたくなったくらいの・・
kawaikunai

・柄もののベビー服(Tシャツ&短パン&帽子&靴下。Tシャツ&短パンはかなり小さくて新生児サイズ。我が家はたぶん既にサイズアウト。まぁまぁかわいいけど、セパレートの服は赤ん坊には着せづらいなぁ・・)
・チキンのエキス?(よくわかんないけどシンガポールでは滋養強壮食って感じなのかな?イメージだけど。料理に入れちゃったけど、味はよくわからず。)
・雪木耳?(甘い・・。これもなんかの栄養かしらん?)


漏れがあるかもだけど、思い出せる限りで書き出してみました。

あんまりいらないものが多いなぁ・・。
そういうの要らないから、出産費用もっと安くして!←なぜか弱気に小文字(^_^;)

って思うような人はマウントエリザベス選ばなそう。


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

*にほんブログ村・シンガポール情報へ*
*にほんブログ村・ジャックラッセルテリアへ*
別窓 | 出産 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top under∨
シンガポール入院記録(MEH)〜病室編〜
2013-07-10 Wed 23:04
入院した部屋は2人部屋でした。

出産時の部屋は、個室または2人部屋。

個室はソファがあって、ダンナも寝泊まりOK、お祝いディナー付き。
確か出産のパッケージで、2人部屋とは800ドルくらいの差がありました。

私は2人部屋にしたよー。
800ドルをケチったっていうのもあるけれど、入院って人生で初めてで、個室ってひとりぼっちで怖くない?とか思ったのもあります(^_^;)

2人部屋にしますってクリニックのスタッフに言ったら、
「他の患者と一緒だけど(ホントに)いいの?」って念を押されました。
2人部屋選んでんだから当たり前じゃないの・・。

私は2人部屋の窓側に陣取って、結局1ヶ月いたので、部屋の主と化しておりました。

そして、同室する人はみんな産婦さんなので、2泊か3泊で入れ替わり立ち替わり。
隣が空いたのは2日くらいしかなかったなぁ。
けっこうなフル稼働です。
儲かってんだろうなー、マウントエリザベス。

もう覚え切れないくらいの人たちとの相部屋。


よく噂に聞く、ローカルは親戚中とか友人とかとにかくたくさんの人が見舞いにやってくる!!
というのは、人によるけどまぁ確かにそうだったなぁ。
そういうのはみんなチャイニーズ。
お見舞いは家族のみで静かに過ごしてた人もいるにはいました。

その中で、見舞客が多くて「うるさーーーい!!!」って思ったのは2回ほど。
思ったよりは少ない?
すんごい人数がいっぺんにやってきて、部屋を埋め尽くし、私が露骨にイヤな顔をして出て行ったことが一度あったけど、その時はゲストが帰ったあとに、ごめんねって謝られた(^_^;)

まぁ、出産はおめでたいことだから、基本的には私も仕方ないなって思うけど、あまりにガヤガヤ大変なことになってたのでついつい顔に出た(汗)


それよりイライラしてしまったのは、面会時間を大幅に過ぎて居座られた時。

面会は夜8時までのはずだけど、最長で夜11時までいた人がいました。
ぺらぺらぺらぺら、まーよくしゃべっておった。
うるさくなくても、やっぱりちょっとね。
文句言えばいいんだけど、それすらめんどくさい気分で、黙ってこっちはTVのボリューム上げて対抗しておりました。
病院側もそういう人いても何も言わないのね・・。

そうそう、TVといえば、ワールドNHKのチャンネルが入ってたので、私はそればっかり観てました。
そんなに面白い番組ないけど、暇つぶしにはなるよね。


そして、それ以上に嫌だったのは、トイレ。
2人部屋のそれぞれにトイレとシャワーがついてるんだけど、、
お隣のゲスト(男性)がそのトイレ使うの。
そして便座上げっぱなし。
嫌だーー!!(そもそも便座上げっぱなし行為が私は生理的にイヤだ。)
普通、病室のトイレって見舞客は使わなくない?
個室じゃないんだから。

最低でも男性は使わないでほしかった。
(そう言ったらダンナに「セクハラだ!」って言われたけど、そうじゃないでしょ)

あと、帝王切開後の痛むお腹を抱えてやっとの思いでトイレにたどり着いたら使用中だったことも・・。


それから、部屋の温度設定も隣人とバトルしたりしました。
1人、めっちゃ部屋を冷やしたがる人がいて。
温度設定20℃とかになってて、朝起きたら窓が結露してて凍えるかと思う寒さでした・・。
私も産前は普段よりすごく暑がりではあったけど、20℃はさすがに寒いよ!
と温度上げに行くと、隣人がまた温度を下げに行く・・。遠慮なしにガツンと。
2人なんだから、少し相手の様子を伺いつつ控えめに、みたいな考えは、ないのだろうね。
いやホントびっくり。


日本人だから、シンガポール人だから、という枠には必ずしもはまらないけど、長い入院生活の間にはいろいろあって、面白かったです〜。


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
↑兄ちゃんになりましたー

*にほんブログ村・シンガポール情報へ*
*にほんブログ村・ジャックラッセルテリアへ*
別窓 | 出産 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top under∨
シンガポール入院記録(MEH)〜食事編〜
2013-07-08 Mon 23:31
産前、切迫早産で約1ヶ月も入院しておりました。

人生初の入院がシンガポール・・。
しかも、シンガポールで一番高価な、マウントエリザベス病院(MEH)に。


ダンナは会社のローカルから、
「あんたの奥さんまだ入院してるの?!お金ヤバいでしょ」
って心配されてたようです。

いや、、本当に、心配するに値する家計の圧迫っぷりだったのですが。


せっかく長い入院生活を送ったので、いろいろ記録残しておこうと思います。


ということで、まずは食事編。

産科病棟にいたので、ママ用のメニューだったと思います。
毎日、朝食と、昼食夕食の3食を、メニューから食べたいものをオーダーする方式。

メニューの種類は多かったけど、ずーっと変わらないのです。
(ま、普通は1ヶ月も入院しないしね・・)


★朝ごはん★

魚のお粥。
meh6

その他、卵料理もあるし(私は卵アレルギーなので食べてない)
デニッシュとかシリアルとかありました。
変わったものでは、うどんヌードル!唯一の日本食?でした。
朝からボリューミーな一品で、産前は胃が圧迫されてたから
朝は食欲なくて完食できなかったけど、
産後はお腹がすいてしょうがなかったので、毎朝うどんにしてました(´∀`)

他にも、オーダーすればサンドイッチ作ってくれたり、
バナナ食べたいとかヨーグルト食べたいとか、ワガママも聞いてくれる。
(でもヨーグルトもそうだけど、シリアルにかける牛乳も常温で出てきたのには参った。
美味しくないよ・・)


★昼ごはん、夜ごはん★

メインディッシュ、スープ、デザート、ドリンクをメニューの中からそれぞれチョイスして頼みます。
洋食系と、中華、マレー(少数)、インド系と、いろいろあり。

魚料理その1。シーバス。
meh3

魚料理その2、これ結構お気に入りだったタラの照り焼き。
meh5

なぜか、魚料理の時は、ライスをつけてくれってわざわざ言わないとライスがついてない(笑)
炭水化物抜きなんて、ダイエットじゃないんだから、、と思って毎回ホワイトライス!と書いてた私です。

ほかによく食べてたのがあったのですが、写真がなかったー。。
肉類もあるし、インドカレーも食べたし、いろいろ試しました。
ひとつ失敗した!と思ったのは、テンダーロインステーキ。
レアだった・・。妊婦にそれはなしでしょ。(でも食べてしまった・・)
※レア肉にはトキソプラズマという寄生虫の危険あり。抗体をもってない人が妊娠中に感染すると胎児に影響する恐れがあります。

スペシャルメニューその1、母の日スペシャル!
meh7
母の日のディナーが特別メニューでちょっと豪華でした♪
デザートのケーキもおいしかったし、ちょっとメニューに飽きてきた頃だったので嬉しかったよ!
※そして双子なのでバラの花2本いただきました(´∀`)

スペシャルメニューその2、パスタ。
meh2

入院して数週間が経った頃、
「メニューに飽きたでしょ、好きなもの作ってあげるよ!」って。
ランチにパスタはどう?って言われて、いいね、食べたい!と言ったら出てきました。

シンガポールのパスタ・・正直期待してなかったけど、美味しかったよミートソース!
そして主役じゃないけどコーンスープが美味しかった(´∀`)

スペシャルメニューその3、トマトソースのベジタブルスパゲティ。
meh4
これも別の日に特別に作ってくれたパスタ。
ヘルシーで美味しかった!

他には、炒飯も作ってくれた♪
なかなか粋な計らいでとても嬉しかった。


★おやつ★
毎日クッキーやらデニッシュやらいろんなものが登場。

産後のある日。豆花とクッキーが出ました♪
meh1
普通は1種類だけど、私は双子だから2種類にしてくれたらしい(笑)
ステキ〜( ´艸`)
豆花大好き!


途中ちょっと飽き飽きした頃もあったけど、そして和食が恋しくなったけど
全体的にハズレがなくて美味しい食事でした。

さすが、シンガポール一高い病院だけのことはある!


胃の圧迫感がなければもっともっと食事楽しめたのに!
産後同じものを食べて、その美味しいことといったら!!!

退院して1ヶ月以上経った今思い返すとすごい懐かしい〜。


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
↑兄ちゃんになりましたー

*にほんブログ村・シンガポール情報へ*
*にほんブログ村・ジャックラッセルテリアへ*
別窓 | 出産 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top under∨
久しぶりの更新ですが、入院中です
2013-05-05 Sun 22:33
長らく放置しておりました。。

妊娠後期に入った途端に要安静の身になり、おとなしくしてたのですが、結局入院になってしまいました(>_<)

海外にいながらこんな事態になるなんて〜、、
波乱だなぁと思います。
私の3○年の人生初の入院が海外とはね。。

こんなこともまぁ、何年か後には笑い話になってれば良いんですけどね☆


シンガポール国内でも有名すぎる大病院に入院してますが、そして日本の病院のこともよく知らないですが
感じることは、やっぱ何かとテキトーだなぁ、ということ。
看護師間の申し送りなんぞ、ぜーんぜんないって感じ。
いちいち説明し直すのが面倒だったり。

あとは食事に飽きてきたなぁ(-。-;
栄養バランスもあまり考えられてるとは思えないし(まぁ産科だからね、とは母談)
あー、和食、食べたいなぁ。


でもいちばんの望みは、、

早くびのに会いたいなぁということです。。

Pino130505

↑エアコン修理の人がきて、怖がって私にべったりな子(笑)
かわいすぎる(つД`)


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
↑でも最近、番犬らしく、外を人が通ると吠えたりしてる( ^ω^ )

*にほんブログ村・シンガポール情報へ*
*にほんブログ村・ジャックラッセルテリアへ*
別窓 | 出産 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top under∨
| ジャックとマメ子たち** in新加坡 ~今は関西 |

QRコード

QRコード