スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top under∨
ぴのが帰ってきた!
2014-03-15 Sat 22:55
無事に、ぴの帰還しました。

係留施設では、最後の最後まで、飼育員のお姉さんに超ハイジャンプで飛びつき
「いたっ!」とか言わせてた。。
(お姉さん、ごめんなさい。。。)

私たちが迎えにいった時も、一応熱烈歓迎を見せるんだけど、その後すぐ走り去って、また勝手に階段のぼって2階に行っちゃうし。


帰りは、クレートごと、車の後部座席の真ん中に乗せて帰ってきました。
pinocomeback

あれっマズル長くなった?


帰宅までの2時間の道のり、最後の最後でちょっと吐いたみたい。
やっぱり車に酔いやすいのかなぁ。
かわいそうだったな。


さて、家に到着して、新しいケージです。

今はまだ双子と共存は危ないので、しばらくはこんな距離感かなぁ?

pinocomeback2

双子をベビーサークルに入れたり、ダイニングの椅子に座らせたりしてる時だけ、ぴのは自由の身かな。


まだ帰ってきたばかりで新しい環境にぴのも慣れないし、ママもぴのの世話久しぶりでなんだかいろいろ要領を得なくてあたふた。

しばらくはお互い辛抱だ。


今夜は日本に帰ってきて初めてのパパ不在だけど、番犬がいるから安心ね!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

*にほんブログ村・シンガポール情報へ*
*にほんブログ村・ジャックラッセルテリアへ*
スポンサーサイト
別窓 | 犬連れで本帰国 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top under∨
明日帰ってきます
2014-03-13 Thu 22:25
とうとう、明日。

ぴのが帰ってきます(TωT)94日ぶりに。
あれ、帰るって言わないか・・ぴのにとっては初めての家だし。。


双子の1人を母に預けて、ベビーシートをダスキンでレンタルして、実家の車でお迎えにいってきます。

車とはいえ、やっぱり遠出だから、何かと大変。


無事、連れて帰って来れますようにー。


ぴののサークルの準備はバッチリだけど、部屋が全然片付いてません。。

まぁ、どうにかなるか?

いってきます!


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

*にほんブログ村・シンガポール情報へ*
*にほんブログ村・ジャックラッセルテリアへ*
別窓 | 犬連れで本帰国 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top under∨
今さらですが係留施設へ面会に
2014-03-06 Thu 23:45
今頃になって、係留中のぴのの面会に行ってきました。
あと10日で家に帰ってくるんですが〜、旅行で成田空港を使ったので、帰りに寄ってくることにしたのです。

帰りに寄るって言っても、、
成田空港の第2ターミナルからタクシーに乗り、係留施設は成田空港内なので、まぁ近いだろうと思っていたら、到着までに2600円もかかりました。。
帰りもタクシーで同じ場所に戻り、少し近道だったようだけど、それでも2000円は超えたわ。
遠かった。。。

寄り道は、安かったんだか高かったんだか・・。


こぢんまりとした面会室でぴのを待っていると、連れられてきましたー!

2ヶ月以上ぶりの感動の再会(´□`。)

って、、自分が興奮してたため、ぴのがどんな反応だったかイマイチ覚えてない!

でもぴのが興奮した時いつもそうなるように、マズルがピンク色になってました(笑)
ぴのの好物のビスカルをちらつかせたからかなぁ。

施設の人が、「廊下とか庭に出てもいいですよ〜」と言ってくれたので、試しに面会室の扉を開けてみると・・


・・・
脱走(!!!)

・・・

期待を裏切らないやつめ。


もう、この施設では古株になったっていうぴのちゃんは、勝手に階段昇って2階に行っちゃうし、餌が保管されてる部屋には勝手に入ってっちゃうし。

「餌くれる人が主人」なんだろうね〜。
と言う通り、飼い主の私たちには、もはや見向きもせずな感じでした。

ま、さみしいけど、楽しそうにやっててくれて嬉しいよママは!
(精一杯の強がりです。)


そんなぴのちゃんも、あと1週間ちょいで我が家にやってきます。

うわー、その方が想像できない!
この平穏な家に、ぴのが来るのか!っていう(^_^;)


今、ぴのを迎える準備に追われてます。


楽天お買い物マラソンで、ケージとドッグフードとフードストッカーとトイレとペットシーツと、、
必需品は一通りポチ。

今日、ケージが届きましたが、この狭家では本当に大きいです。

シンガポールで使ってたものよりも、幅は広くなったし。
でも、トイレを置いてもゆったり寝そべるにはこのくらいの広さが必要だよね〜、という飼い主の愛情。

今度は屋根付きなので、飛び跳ねてケージごと移動っていう荒技ももうできないからねん。


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

*にほんブログ村・シンガポール情報へ*
*にほんブログ村・ジャックラッセルテリアへ*
別窓 | 犬連れで本帰国 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top under∨
係留中のぴのの様子
2014-01-21 Tue 22:34
またまた、お久しぶりです。


ぴのの係留も、はや1ヶ月が過ぎました。
毎日、ぴのどうしてるかな〜?って思ってるけど、生活の中にぴのの存在がないことが私の中で普通になってきちゃったことがさみしい(TωT)


係留中の飼養管理施設の方が、毎週のように電話でぴのの様子を知らせてくれています。
様子がわかるので、会いには行ってないけど、ずいぶん安心できる!
きちんと管理されているし、かわいがってもらってる感じがするので、ぴのはきっとさみしくないんじゃないかなーって気がする(笑)


最初に電話をもらったのは、帰国して、5日後くらいでした。

「最初の3日くらいは、大人しかったですが、だんだんピョンピョン飛び跳ねて迎えてくれるようになってきました。
やっとジャックラッセルらしくなってきたねーって話してるんですよ。」
ピョンピョン飛び跳ねて、ジャックラッセルらしいって(笑)わかるわかる

あとは、シンガポールからきて寒いのが初めてなので・・
運動で外に出る時、嫌がったらしいです(^_^;)
出ても、すぐ「帰ろうよ〜」って顔をするんだって。
そりゃ、寒いって感覚が生まれて初めてなんだから仕方ないな。
しかもぴのあんまり毛皮着てないし〜。


それから1週間後。

「餌もよく食べ、元気いっぱいです。ますます激しくジャンプしています」
「元気がよすぎるのか、後ろ足の肉球からちょっと出血がありまして・・
本人(犬)は気にしてないようなんですけど。」
肉球から出血って、前にもあったような気がするなぁ。。
もしかしたら痒いとか、他の理由で自分で噛んじゃってたりしない?ともちょっと思ったけど、まぁ元気良いみたいなのでいいか、と。


更に翌週。
「餌もよく食べ、元気いっぱいです(←その後も毎回同じ)。
外では用を足すとすぐ帰りたがるのですが、中に入って廊下を走り回っています。」
「肉球の出血はおさまったようです」
ということでひとまず安心。


そして先週のこと。
「体重が減ってるんですよねぇ・・。来所した時が6.4kg、今は5.9kgなんです。でも元気いっぱいなんですが。」
あれ、あれ、あれ?
シンガポールを出る前は、体重は6.7kgだったはず。
それももっと前より少し減ってその体重だったんだけど、うーーーん。

餌の量はうちで食べさせてたのと同じ量にしてもらってるし、(ドッグフードも同じ)
それ以外におやつもあげてくれてるみたいなんだけど。

ちょっと心配になってきちゃった。

でも元気なんだって。いいのかな、、それで。
定期的に体重を測って様子を見てはくれるみたい。


そして今日、初めてメールでの報告がありました。
なんと、写真の添付あり!

pino1

ぴーのーーーー(泣)
確かにちょっと痩せたかも・・・。

pino2
なんかかじってるようだ。
ここがたぶん、ぴののお部屋だと思われます。
うちにいた時のケージよりずっと広いよね(笑)

pino3

聞いたところによると、1日3回、運動させてくれる時間があって、その時に外に出してくれてるようです。
あんまり出たがらないみたいだけど。。やっぱ寒いのイヤだよね。


ぴの、私のこと忘れちゃってるかなー(TωT)

会いに行きたいけど、やはり乳児2人抱えて成田は遠すぎる。
試練かな・・。


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

*にほんブログ村・シンガポール情報へ*
*にほんブログ村・ジャックラッセルテリアへ*
別窓 | 犬連れで本帰国 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top under∨
シンガポールから日本に犬を輸入する(その6)
2014-01-13 Mon 21:33
さてさてさて・・(また間があいてしまった・・)

無事、離陸しました。

そして、日本入り。
ぴのもきっと一緒に成田に上陸したはずだーーー。
ちなみにぴのにとっては日本に「帰る」ではなく、日本「初めまして」でした(^_^;)
シンガポール犬ですから。

イミグレを通過し、手荷物を引き取り、その同じフロアにある、ANAのカウンターで、ぴのを無事に引き取りました(TωT)

クレートに入れられっぱなしではあるけど、ぴのに再会して涙出そうになったわ。


そしてそのまま、ぴののクレートを台車に乗せて、同じフロアのずーっと端っこの、動物検疫のカウンターへ。
そこで書類にサインしたり、これからの順路のことを聞いて、一旦ぴのを預けて私たちはほかの人と同じように税関検査カウンターを通過して外へ。

その後、別送品受付カウンターで引越し関係の手続きをした後、中央ビルの上の階の、動物検疫所の事務所へ。
そのフロアは一般の人は出入りできないようになっていて、ロックがかかっている入り口の前で電話をかけると、職員さんが迎えに出てきてくれました。
そこから動物検疫所の事務所まで、ながーーい通路を入っていきました。


なんか堅い雰囲気のところなのかなぁ、とちょっと緊張気味に入っていったのですが・・

中は、若いお姉さんばっかりで和やかな場所でびっくり(笑)


私が書類にサインしたり説明を受けたりしている間に、別のお姉さんが、
「ぴのちゃん外に出してあげましょうか」
って、クレートを開けてくれて、ぴのちゃん、突然自由の身に。

事務所内をくんくんくんくん、歩き回ってました。
そしてお姉さんにシッポ振ったり、隣りの部屋に勝手に侵入しようとして「あら、そっちはダメなのよ〜」なんて言われたり。

自由な犬だなぁ・・。

訳のわからない長旅の後で、飼い主と感動の再会(TωT)とかないのかい!
長旅のストレスはそんなに無かったのかな?とちょっと安心したけど。
最初からあんまり心配してなかったとも言えるw


ぴのは、その場で診察がありました。
あの、動物病院にある診察台に乗せられると、とたんにブルブルへっぴり腰になって笑えたけど、
それよりびっくりしたのは、私にいろいろ説明などしてくれてた若いお姉さんが突然白衣を羽織って、ぴのの診察を始めたこと!
あなた〜、獣医さんだったのですか?!
って!(失礼。)

でも、ほんとにお若くって、アルバイトです!って言われても、へぇそうですかって言っちゃいそうなくらい、若いお姉さんだった・・。


そして、さらに失礼ながら、診察も、「お医者さんごっこですか?」って言いたくなるような、雰囲気の中で行われました。
動物検疫所、イメージと180度違ったなぁ。。


係留中、ぴのの飼養管理をしてくれるのは民間の委託業者さんで、その業者の方が、お迎えにきてくれました。
そしてぴのはまたクレートごと台車に乗せられて、ガラガラと連れられていきました。

94日間のお別れ(´□`。)


面会もできるのですが、結局1ヶ月ちょっと経った今まで、一度も行ってません・・。
成田遠いし、ただでさえ乳児2人抱えてるからなぁ。
せめて車があったらとも思うけど、車もないのでねぇ。


そして、飼養管理会社の方が、だいたい1週間に1度くらいのペースで、ぴのの様子を電話で知らせてくれます。

聞く限りでは、とても元気そうだ(^_^;)


・・と、ようやくぴのの日本輸入、めでたく完でございます。
正直、もう1ヶ月以上経ってしまって、記憶が曖昧になってきた。

思いつくままダラダラ書いてしまったから、あとで余裕のある時に整理しようっと。


私と同じように、ワンコ連れで日本に帰国する方の参考になることがあれば、幸いです。


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

*にほんブログ村・シンガポール情報へ*
*にほんブログ村・ジャックラッセルテリアへ*
別窓 | 犬連れで本帰国 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top under∨
| ジャックとマメ子たち** in新加坡 ~今は関西 | NEXT

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。