スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top under∨
シンガポールから日本に犬を輸入する(その3)
2014-01-04 Sat 15:49
明けましておめでとうございます!

年末年始のお出かけもひととおり済んで、ちょっと落ち着いたところです。

ぴのには会ってないけど、元気そう!


年またいで続いてる記事・・。

飛行機の搭乗予約して、
日本の動物検疫所に輸入申請をして、
シンガポールのAVAに輸出許可申請をして、、

順番的に、その次は、動物病院での診察です。
輸出許可証のために必要なHealth Certificate(健康証明書)を書いてもらうのと、日本へ輸入する時に必要な書類を書いてもらうためです。

日本側の規定で、獣医の診察は48時間以内が望ましいとされているけど、そんなに直前だと輸出許可証の準備がギリギリすぎる・・ということで、私は許容範囲内の1週間前に行きました。


Health Certificateは、このワンコは健康で、伝染病にかかっている疑いもなく、ワクチンは何年何月何日に実施済みです、みたいなことが書かれているもの。

hc

シンガポールの輸出許可証を発行してもらうのに必要ですが、日本の動物検疫所でも提示しました。


日本へ提出する書類のほうは決まった書式があって、これをプリントして持っていき、ドクターに埋めてもらいます。
必要書類はFormAとFormC。

動物検疫所/犬、猫を輸入するには
※シンガポールは指定地域以外に該当します。


FormAは自分で書くもの。
FormCはドクターに書いてもらうものです。
ドクターに書いてもらう方は、予防接種の履歴、狂犬病抗体検査実施済みの証明、あとぴののように、係留期間がある場合は、内部外部の寄生虫駆除をやらなければならないので、その実施済みの証明。

書いてもらうために、検査機関から届いた狂犬病の抗体検査結果の原紙も動物病院に持参します。


formA
A

formC(3ページ)
C1
C2
C3


これを書いてもらうのにけっこう時間かかるのかな?と思ったけど(誰かのブログに、朝行って、出来上がった書類を夕方取りに行ったと書かれてた)、その場ですぐに書いてもらえたので所要時間は1時間以内で済みました。

ちょうど機嫌切れになる予防接種があったので、それも併せてうってもらい、費用はだいたい130ドルくらいだったかな〜。
寄生虫駆除もあるし何百ドルもするかなぁと思ってたので意外と安く済んだような印象でした(^_^;)


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

*にほんブログ村・シンガポール情報へ*
*にほんブログ村・ジャックラッセルテリアへ*
スポンサーサイト
別窓 | 犬連れで本帰国 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top under∨
<<シンガポールから日本に犬を輸入する(その4) | ジャックとマメ子たち** in新加坡 ~今は関西 | シンガポールから日本に犬を輸入する(その2)>>
コメント

∧top under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

トラックバック

トラックバックURL

∧top under∨
| ジャックとマメ子たち** in新加坡 ~今は関西 |

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。