スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top under∨
シンガポールから日本に犬を輸入する(その5)
2014-01-07 Tue 22:09
無事、ライセンスを取得して当日を迎えました。

引越し当日は、これでしばらくぴのに会えなくなるのに、、引越し作業でバタバタしてて構ってあげられなくてかわいそうだったな。
構ってあげられないどころか、クレートに閉じ込められてたし。

その日の夜中便で日本に帰国だったので、本当にバタバタでした。


空港へは、もちろんバスは乗れないので、タクシーで。


チェックインカウンターで、ぴのの輸出関係書類一式を手渡し、同意書にサインし(万が一ペット輸送中に死亡しても責任は問いません、というような内容。)、さてどうするのかな?

と思ったら
fragile

fragile(コワレモノ?!)シール貼られてました(笑)
貨物扱い!!


その後、カウンターの中にいたおばちゃんが、台車をガラガラ持ってきて、
「私、犬が怖いから、ちょっとその子持ってこっちまで来てくれる?」
って言われ、、
ぴののクレートごと台車に積んで、運んだ先は、カウンターの端の、大きい荷物や壊れ物の一時置き場みたいなところでした。

で、オッケー、行ってよし!って。。
おばちゃんもさっさと立ち去ってしまいました。

ぴのはクンクン哭いてる・・。

そこは普通に、チェックインしてる人が並んでる一角です。
ここに置いておいて、あとでまとめて運ぶんでしょうが、、

誰かが盗もうと思えば簡単に持っていけちゃうような放置のされ方(+_+)


私と母は、名残惜しくて、というか、こんなとこに放置で大丈夫かよー、という気持ちで、しばらくそこを離れることができませんでした。
なんか、泣きそうになっちゃったりして。

まあ、ダンナ1人さっさと行ってしまったんだが・・(薄情なやつめ)


人間の都合で、飛行機の貨物室に7時間以上ものせることになっちゃってごめんね、という気持ちでした。

犬には言葉はわからないから、自分がなんでこんな状況におかれたのかわかんないしね。


でもいつまでもそこにいるわけにいかないし、心配になりつつ、ぴのと一時のお別れ。


結局輸出検疫みたいなものは無しだったんだろうかー?

その後も、飛行機が離陸するまでは、ぴののことで呼び出し食らわないかって気が気じゃなかったけどとうとう何もなし。

無事に一緒に離陸できたようでした。

やれやれ。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

*にほんブログ村・シンガポール情報へ*
*にほんブログ村・ジャックラッセルテリアへ*
スポンサーサイト
別窓 | 犬連れで本帰国 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top under∨
<<シンガポールから日本に犬を輸入する(その6) | ジャックとマメ子たち** in新加坡 ~今は関西 | シンガポールから日本に犬を輸入する(その4)>>
コメント

∧top under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

トラックバック

トラックバックURL

∧top under∨
| ジャックとマメ子たち** in新加坡 ~今は関西 |

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。