スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top under∨
初クメール料理!
2010-01-10 Sun 17:49
*アンコールワット旅行記です*


ここらで休憩?ってわけで、食事編です。

到着した日の夜ごはん。

シェムリアップのレストランでお食事でした。
これはツアーに含まれております。

でもね、、グリーンホリデーさんから最初にメールでもらってたレストランの店名と
全然違うとこに連れてかれたよ?!

はてー?


th_IMGP1566.jpg
「Champey」
シェムリアップのオールドマーケットのちょうど向かいにあります。

オープンエアで、雰囲気のよいお店でした♪


私たちと同じようなツアー客と思われる人たちがぞくぞく入ってきたけど(^_^;)


th_P1060156.jpg

1品目は、蒸し鶏のサラダ~。

クメール料理、初めてだったけど、辛くなくて日本人の口にすごくなじみやすい味!
このサラダめちゃめちゃ気に入りました。

しかしけっこうボリュームがあって、、かなりお腹が満たされ気味。


そこへ登場したのが2品目・・
th_P1060163.jpg

どーんと・・
左:カレー(辛くない)、中央上:クレープみたいなの?中にひき肉が入ってる
中央下のタレにつけて食べる?!

これまたボリュームたっぷりですよ!
おいしくいただきましたん♪

料理の名前、調べたけどわからず。。


th_P1060158.jpg

ステキなカクテルも飲んで≧(´▽`)≦


th_P1060164.jpg

デザートはちょいびっくり。

串刺しのフルーツ?!
パイナップルとスイカでした。そしてココナッツミルクがけ。

しかし、実はどっちのフルーツも私、苦手。
旅で気が緩んでついつい完食してしまったんだけど、
あとで痒くなって(アレルギーなもんで)
失敗した~、と後悔しました。。


*ぽちっと一押しありがとう*

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ  *にほんブログ村・シンガポール情報へ*

 ↓↑シンガポール在住の方のブログがいっぱいです(´∀`)
 *シンガポール ジャパン・ブログランキングへ*

☆ソフトテニス仲間いつでも募集中☆
「シンガポールお役立ちウェブ」で募集しております~
別窓 | ☆アンコールワット旅行記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top under∨
プノンバケンで夕日鑑賞
2010-01-09 Sat 20:50
*アンコールワット旅行記です*


遺跡巡り1日目のラストは夕日鑑賞!

見晴らしの良い場所に、えっさほいさと山登り。
アンコールの三大聖山のひとつと言われるプノンバケンという山です。
10分かそこらだったかな?


th_IMGP2035.jpg

小高い山の上に遺跡発見。

ここの階段、急でけっこう大変でした。


あとは、日が落ちて来るのをひたすら待ちます。
周りは同じく夕日鑑賞の人でいっぱい。

th_IMGP2056.jpg

th_IMGP2085.jpg

しかしやっぱり雲にジャマされてる感が。


でも、遺跡をバックに落ちる夕日にうっとり~( ´ー`)


th_IMGP2111.jpg

th_IMGP2122.jpg


でも、こんなバカなことしてる外人がいてがっかり。

th_IMGP2136.jpg

すごいとこに登ってた。落ちるよ。。
良い子はマネしちゃいかんよ。


日が沈むと、帰り道が真っ暗になってしまうので、慌てて下山せねばなりませんでした。

かなり早歩きで下ったんだけど、下に着いた時には辺りは真っ暗。


ふぅぅ~、これにて1日目終了!


*ぽちっと一押しありがとう*

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ  *にほんブログ村・シンガポール情報へ*

 ↓↑シンガポール在住の方のブログがいっぱいです(´∀`)
 *シンガポール ジャパン・ブログランキングへ*

☆ソフトテニス仲間いつでも募集中☆
「シンガポールお役立ちウェブ」で募集しております~
別窓 | ☆アンコールワット旅行記 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top under∨
アンコールワット!
2010-01-09 Sat 10:29
*アンコールワット旅行記です*


お昼はレストランでクメール料理を食べたあと、いったんホテルに戻って休憩して、
再び午後の遺跡ツアーに出発。


午後のメインはアンコールワットです。
午前に観たアンコール・トムの時代は仏教で、こちらはヒンドゥー教。


th_IMGP1875.jpg

この先に、あの有名なシルエットが見えるのです。
(って実は朝日鑑賞ツアーで早朝に一度来たのですが。)

th_IMGP1882.jpg

柱にぼこぼこ穴があいてるの。
これは、運ぶ時に開けた穴なのだそうです。

でもこっちは・・・

th_IMGP1884.jpg

銃弾の痕なのです。内戦時代に開いた傷跡。痛々しいです。。。


ここでは、キレイな浮き彫りも見られます。

th_IMGP1895.jpg th_IMGP1896.jpg


そして、その先に、お目見え。

th_IMGP1891.jpg

th_IMGP1935.jpg

ナナメからだとこんなふうに見えるんだ!!

あの三角の塔は、3つなのだと思ってたら、違うのです。5つなの。
真ん中の背の高いのを中心として、周りに4つ。

ちなみにこの時は一部修復中で緑のシートが見えます。


回路に入ると・・
th_IMGP1942.jpg

長~い!!

th_IMGP1949.jpg

ここも、壁一面に彫刻が施されていて、みんなガイドさんから説明を受けてて人人人・・。


th_IMGP1993.jpg

これは戦いの様子ですな。

アンコールトムの彫刻が庶民の生活を表現しているものが多いのに対して、
こちらはこういう戦いとか、貴族の様子とかそういうのが多かったです。

th_IMGP1946.jpg


天井までこんなにキレイに彫刻が。

th_IMGP1984.jpg

細かいなぁ。


これは、なんか文字が書かれてます。

th_IMGP1969.jpg

昔の文字のようです。ガイドさんも読めないと言ってた。
手あかで黒光りしている・・。


th_IMGP2031.jpg


*ぽちっと一押しありがとう*

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ  *にほんブログ村・シンガポール情報へ*

 ↓↑シンガポール在住の方のブログがいっぱいです(´∀`)
 *シンガポール ジャパン・ブログランキングへ*

☆ソフトテニス仲間いつでも募集中☆
「シンガポールお役立ちウェブ」で募集しております~
別窓 | ☆アンコールワット旅行記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top under∨
象のテラスと木に押し潰されたタ・プローム寺院。
2010-01-08 Fri 23:19
アンコールワット旅行記です。

旅行記を読んだ旦那に「これ地球の歩き方コピーしてるだけやん」
って言われた((o(-゛-;)

ほっといてくれ。

1ヶ月半前に見たのを全部ちゃんと説明できるような記憶力なんぞないもんで・・

地球の歩き方を見直しながら、書いていたんデス。

もう、説明抜きで、写真だけ並べてもいいですか~?

(けっこうすでに疲れておる)


気を取り直して、アンコールトムの最後は象のテラス。

名前の通り、象の彫刻がずらり~。
th_IMGP1792.jpg

鼻がめちゃめちゃ直線なのが、ちょっとおかしいのですが。

th_IMGP1796.jpg

雨の後だったので、この辺りはかなりぬかるんでた・・。


そして、午前中ラストは!
th_IMGP1805.jpg

ジャングルの中に姿を現したタ・プローム寺院。

th_IMGP1812.jpg

なんじゃこりゃぁぁぁ!!!

と仰天した、ド迫力な木々。

th_IMGP1823.jpg

わかりますか?
めちゃめちゃデカいんですよ!(人がちっさく写ってるでしょ)

なんか、建物を飲み込んでるっていうかなんていうか・・。

自然の偉大さを感じます、なんて言葉では片付けられまい。
木は生きている、、、

こんなん見てると、木が歩き出しそうなんて思ってしまったりして。


th_IMGP1809.jpg

th_IMGP1837.jpg


木の重みで遺跡が崩れてきてしまうので、補強されたりしてます。


th_IMGP1826.jpg

これは崩れちゃってるところ。


いやいや、すごいもの見たー!


*ぽちっと一押しありがとう*

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ  *にほんブログ村・シンガポール情報へ*

 ↓↑シンガポール在住の方のブログがいっぱいです(´∀`)
 *シンガポール ジャパン・ブログランキングへ*

☆ソフトテニス仲間いつでも募集中☆
「シンガポールお役立ちウェブ」で募集しております~
別窓 | ☆アンコールワット旅行記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top under∨
アンコール・トム観光~バイヨン寺院~
2010-01-07 Thu 22:31
そして、アンコール・トムの中心、バイヨン寺院に到着。
ここは仏教寺院なのです。

th_IMGP1672.jpg

そびえとる!!

th_IMGP1677.jpg


そして、ここは壁一面、彫刻の宝庫。

th_IMGP1685.jpg
th_IMGP1700.jpg
th_IMGP1701.jpg

日常生活をあらわしたものが多くて、ガイドさんに「これは何何してるところ」
などなどすごく丁寧に説明してもらえました。

とにかく細かくて、見てると夢中になっちゃって自分が今どこにいるのかも
わからなくなるー。


th_IMGP1728.jpg

こんなふうに崩れてしまってる場所もところどころあり。


そして、上のほうに上ります。

th_IMGP1721.jpg

急な階段で、けっこう高いとこに上りましたよ。

首のうしろが焼けるのがイヤで、ガイドさんから初日にプレゼントされた
綿のクロマー(カンボジア式のスカーフ)を首に巻いてたのもあって、もう汗だく。


上にのぼってきても、彫刻彫刻彫刻です。
いったいどれだけの労力がかかってるのか見当もつかないね。

th_IMGP1708.jpg

th_IMGP1739.jpg

th_IMGP1725.jpg

th_IMGP1738.jpg

仏様の顔だらけですな。
こういう顔の浮き彫りって、なんだか不思議だなー。
生きてるみたいで。

でも、12世紀末の建築物がこうやって残ってることがとにかくすごい。


眺め良かったよ~。

th_IMGP1761.jpg


以上、アンコール・トムのバイヨン寺院でした!


*ぽちっと一押しありがとう*

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ  *にほんブログ村・シンガポール情報へ*

 ↓↑シンガポール在住の方のブログがいっぱいです(´∀`)
 *シンガポール ジャパン・ブログランキングへ*

☆ソフトテニス仲間いつでも募集中☆
「シンガポールお役立ちウェブ」で募集しております~
別窓 | ☆アンコールワット旅行記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top under∨
BACK | ジャックとマメ子たち** in新加坡 ~今は関西 | NEXT

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。